建物明け渡し、家賃滞納、賃料トラブル、不動産のことなら守口の弁護士事務所、守口門真総合法律事務所

不動産オーナーのための大阪不動産トラブル相談センター

家賃の値上げ交渉

周りの家賃相場よりも家賃が安くなった場合や固定資産税の負担が増えた場合等、借家人に対して値上げ請求をすることができます。

一般的に、契約期間内の家賃は一定です。
契約書に「契約期間内の値上げは無い」という項がなければ、期間内でも値上げ請求をすることはできますが、多くの場合、契約更新時に請求することになります。

 

家賃値上げの流れ

家賃値上げの通知

値上げを拒否

協議
↓まとまらない場合
調停

訴訟

借家人が値上げに応じないが、どうしても家賃を上げたい場合には、簡易裁判所に家賃の値上げを求める調停を起こします。
民事調停法24条の2 調停前置主義により、いきなり裁判にすることはできません。

値上げが認められるには、下記の条件があります。
土地建物に課せられる税金(固定資産税、都市計画税など)の負担が増えたとき
周辺の家賃相場と比べ、家賃が低い場合
土地建物の価格が高騰したとき
契約書に「家賃の値上げをしない」という特約がないとき

上記の条件を調停委員や裁判所が総合的に判断します。

 

 

 

 

 

TtlLS2.jpg

守口門真総合法律事務所

営業時間9:00~18:00
TEL 06-6997-7171
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

TEL:06-6997-7171

アクセスはこちら 


jimusho_bn.jpg
saimuseiri_bn.jpg
kotujiko_bn.jpg
rikon_bn.jpg
kigyou-homu_bn.png
Copyright (C) 2011 大阪不動産トラブル相談センター All Rights Reserved.