建物明け渡し、家賃滞納、賃料トラブル、不動産のことなら守口の弁護士事務所、守口門真総合法律事務所

不動産オーナーのための大阪不動産トラブル相談センター

  • HOME
  • 建物の明け渡し請求・立退き

建物の明け渡し請求・立退き

明渡請求・立退きの流れ

 
賃借人が家賃を支払ってくれない、賃借人以外の人が住んでいる、もう信頼関係が壊れているから出て行ってほしい・・・。
 
賃貸人が頭を悩ませる局面は様々に考えられます。
 
しかし、たとえ賃借人が契約違反を犯しているとしても、賃貸人は、賃借人の許可なく勝手に賃貸物件から荷物を運び出し、明渡しを実現することはできません。
 
どんなに賃借人の行状が悪質であっても、きちんと法律にしたがった手順を踏まなければ、後に取り返しのつかないリスクを引き起こす可能性があります。
 
 
 
詳しくは「明渡請求・立退きの流れ」をご覧ください。
 
 
 

強制執行の流れ

 
強制執行をするには、請求債権の存在と内容を表示している国が公に認めた文書(債務名義)に、債務名義の執行力が現存することおよび執行力の内容を証明する公証文書(執行文)を付与し、これが強制執行の開始に先立って、または執行開始と同時に債務者に送達されていることが必要となります(民執29条)
 
なお、判決は、債務名義の一つになります。
 
 
 
詳しくは「強制執行の流れ」をご覧ください。
 
 
 

立退きを求められる条件

 
賃借人は借地借家法という法律で保護されていますので、一度賃貸借契約を結ぶと、簡単に立退いてはもらえません。
もっともな正当事由があるか、立退き料で正当事由が補強できなければ裁判でもなかなか認められません。
 
どのような場合に立ち退きが認められるでしょうか?
 
 
 
詳しくは「立退きを求められる条件」をご覧ください。
 
 
 

立退料について

 
「立退料はどれくらいが妥当ですか?」というご質問をよくいただきます。
 
立退料を計算する定型的な計算式はありません。
 
立退料は大家さんと賃借人の事情を考慮して決定されます。
 
 
 
詳しくは「立退料について」をご覧ください。
 

 

 

 

TtlLS2.jpg

守口門真総合法律事務所

営業時間9:00~18:00
TEL 06-6997-7171
〒570-0056
大阪府守口市寺内町2丁目7番27号
富士火災守口ビル5階
京阪守口市駅西出口徒歩1分

事務所概要

大阪府守口市寺内町2-7-27
富士火災守口ビル5階

外観

アクセスマップ 

TEL:06-6997-7171

アクセスはこちら 


jimusho_bn.jpg
saimuseiri_bn.jpg
kotujiko_bn.jpg
rikon_bn.jpg
kigyou-homu_bn.png
Copyright (C) 2011 大阪不動産トラブル相談センター All Rights Reserved.